一人行動のススメ!一人行動をマスターすれば人生を3倍楽しめます!【前編】

どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

これはマジでそうですよ。
一人行動マスターになれば人生は3倍楽しめます!!一人で色々となにかをするのはネガティブな印象をもたれがちですが、無視しましょう。

ちなみにぼくは基本的になんでも一人でやることに抵抗はないですし、そのおかげでかなり充実した時間の使い方もできています。

群れることを否定してるわけではない

冒頭でかました感じボッチのイタイ奴っぽいですが、決して誰かと行動することを否定しているわけではないです。実際ぼくも数少ない友達と遊んだりもしますし、誰かと一緒に出かけるもの大好きです!

ただ、気になるお店や行きたいところがあった時に、友達の予定を確認していつ行くか決める…なんてことは自分の選択肢の幅を狭めてしまっていると思うんですよね。気になったらすぐに行ってみる、やってみる、これって意外と大事なことなんです。

忙しい日々の中で感じたことや興味をもったことに対する熱って日に日に冷めていくものです。鉄は熱いうちに打て。そういうことです。

大人になると誰かと予定を合わせるのも一苦労ですし、誰かと予定を合わせて一緒に行く、という発想の前に自分の時間が少しでも空いたらそのスキマにまず行っちゃう、やっちゃうっていうのが最も効率がいいわけです。それが楽しかったりいいものであればまた友達や家族と一緒に行ったり教えてあげたりして共有すればいいですしね。

一人行動上級者のススメ

自称一人行動上級者のぼくが一人行動の実例を挙げていきたいと思います。

【ケース1:外食】

これに関してはお店によりけりで抵抗のない方も多いと思いますが…まあ書いていきます。 ぼくは結構ミーハーな面の持ち主でして、テレビや雑誌においしそうなお店が紹介されていると結構行きたくなります。

そのお店がラーメン屋やそば屋のようなお店であれば迷いなく一人で行って食べます。こういう話題のお店って行列ができていることが多いので、一人の方がむしろ楽ですね。これは結構一人の人もいるのでハードルは低いでしょう。

わりと男一人がキビシイのはお洒落なカフェやスイーツのお店でしょうか。ぼくは大の甘党なので、そういうお店にも行くことが多いんですが、ひどい場合お客さん全員女性という時もあります(笑)。

そんな場合でも場の空気にのまれて挙動不審なオッサンになるのが一番危険ですので、堂々としてましょう。

そして店員さんに「男の人全然いなくて浮いちゃいますねー」とか「オススメなんですかー」とかなんでもいいのでお話してしてみましょう。空気も和らいで経験上馴染める感じがします。

コツとしては一人だからといって閉鎖しすぎないことですね。イヤホンはしない方がいいです。自然な感じで振る舞って気になることは気軽に聞いてみる。そんな感じです。 ちょっと長くなりすぎたので、少しマニアックなケースは【後編】で!