どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

みなさん大掃除終わりましたか?…え?まだ??まさかそんな人はいないですよね!笑

ただ、ものが多くてなかなか片付かなかったりする人は結構多いでしょう。

最近じゃ「断捨離」という言葉が流行りましたが、ぼくも定期的に本当に必要なものか考える機会をつくって処分するものは処分しています。

今回ぼくが実践している方法を書いていきますので、身の回りのものが多い方や片付かない方は参考にしてみてください。

本当に必要なものか、考える機会をつくる

普通に生活をしているだけでも何故かものというのは増えていきます。そして、忙しい生活を過ごしているとなかなか整理もできなくて散らかってしまっている…そんな感じじゃありませんか?

これの解決方法は定期的に本当に必要なものか、考える機会をつくるのが一番手っ取り早いです。面倒ですが、強制イベントとして生活に取り入れてしまいましょう。

ぼくの場合は、3ヶ月に一回全てのものを、1ヶ月に一回見渡して視界に入る中のものを本当に必要なものか検討しています。

この3ヶ月に一回全てのものを、というのは結構だるいペースなので、ものを減らしていく方向へ思考は向きがちです。このペースを守れるようにカレンダーなりスケジュール帳なりに書いておいてしっかり行いましょう。

衣替えをするように季節の変わり目にするといいと思います。

これくらいのペースでやっていれば処分をする・しないを保留していたものが毎回処分候補にあがってきます。そうなるということは処分しても問題ないものだと自分でも気付けるいい機会になるわけですね。

大掃除とか年に一回くらいのペースだと残す選択をしてまた一年後、捨てれずに残す…ということになって結局使いもしないものがたまる原因になります。

とにかく掃除やものを捨てることが苦手な人は無理やり機会を増やしていくしかないわけです。そして、考える機会を増やした上でしっかり断捨離していくのが理想的ですね!

はじめのうちはあまり処分することができないかもしれませんが、ぼくが書いたペースでやっていれば処分することも上手くなっていきますのでめげずに続けて癖づけちゃいましょう。

そうすると大掃除もすごい楽になりますよ!
さっ!そろそろ大掃除するか!笑