どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

ぼくは基本的にエスカレーターの片側をあけません。てか、以前よりエスカレーターを管轄する協会が禁止と言っていたり、日本の鉄道各社が先日一斉にアナウンスした内容でもあるので、ぼくの持論とも言えない状況になってきましたが。

協会や鉄道会社さんたち正しいです。片側あけてるせいで、人の多い駅なんかではエスカレーターに乗るのに結構並びます。

そんな時でもみんな片側あけてるんですよね…。そもそもアレ意味ないでしょ。なんで自動で動く階段をいち早く上がりたいバカのためにエスカレーター本来のポテンシャルを50%も割く必要があるんですか?

急いでる人は大抵隣に普通の階段もあるので、そこを全力で駆け上がれよ(笑)。

それに大きい荷物を持った人やご高齢の方もエスカレーターを利用しているわけですからドスドス歩いて上がったら危ない。ちょっと考えたらわかることです。

実際に歩いて上っていたせいでエスカレーターから落ちて後ろにいた人も巻き込んで結構な事故になっているのを今年2回も見ました。2回もですよ?ちなみにどちらも京都駅構内のエスカレーターでした。

人の多いところだとほんとに危険!バカなだけじゃなく、人にまで危害を加えてますよね…。即刻やめましょう。

ただこの「エスカレーターの片側をあける」という行為は結構根深くて、やらない人はマナー違反者として見られたりします。今後駅などで強くアナウンスされたとしてもなかなか変わらないでしょう。

そもそも片側をあけることが危険な行為で本当の意味で非常識な行為なんですよ?片側にだけ重量がかかるので、エスカレーターに強い負担を与えます。

それによってエスカレーターが故障する可能性があって、危険だからやめてくれ!とエスカレーターを管轄する協会が公式にずっと言っているんです。

それでも、みんな片側をあけてしまう…。
それは、みんななぜそうしているか考えるより昔から周りがしているということに重きをおいているからです。だって普通に考えたら危険な上に非合理的であり時代にもマッチしていないことは誰だってわかるじゃないですか。

それでも片側をあけ続けるのは、慣例にとらわれて完全に思考停止しているからですよね。

更に言うと、周りと違うことをしたりマナーとされていた慣例を破って目立ちたくない、そんな心理が働いているのでしょう。実に嘆かわしい…。

これはエスカレーターのことに限ったことではなく、昔からなんとなくやっていたことや周りがやっているから自分もやっていることに疑問を持てない、または疑問を持たないようにしている人は時代に取り残されますよ。

そんなしょうもないことで…と思う人もいるでしょうけど、ぼくから言わせれば小学生でも気づいて実践できることを出来ない人は当然そうなります。

疑問は持っていたけど行動に移せていない人は、今日からまずエスカレーターの片側をあけないでおきましょう。そして色々なことに疑問を持てるようになりましょう。