どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

ぼくはまだブログを始めて1か月半ほどですが、これはひしひしと感じています。結構このブログでは持論を書いてますが、なんとなーくぬるい仕上がりになっちゃうことがあります。

なんでなんかなーと考えてみると自分の立ち位置みたいなものが文字に上手く反映できてないんですよね。これは自分で読んで感じることなので知らない人がみたらより一層そうでしょう。

特に持論って読んだ人に強烈なインパクトを与えて新しい考え方のヒントにしてもらいたい、と思って書いているのにぬるい記事じゃそれは叶いません。しかも、ぼくのような何者でもない人間が書いたものだと尚更です。じゃあどうしていけばいいかという話ですが、簡単なのは極端な表現で書く!

これは別に誇張して書きたいからではなく、正確に伝えるためです。それだけテキストにおける表現はシビアなんですよね。実際にこのブログでアクセスが多い記事は我慢するのは「悪」という内容を書いた記事で、結構辛辣な表現をしたものです。そのおかげでぼくが伝えたいことが伝わっているならそれが発信者としては最高の結果なわけです。

これはなにもブログに限ったことではなく、メールであれ手紙であれ文字だけで表現するもの全般に共通することです。

例えば、嬉しかったことや感動したことを文章におこすときも極端に書きましょう。あとは、感謝の気持ちなんかもですね!感謝の気持ちをしっかり表現できる人ってやっぱり素敵です。

みなさんも文章で何か伝える機会があるときはちょっと極端な表現を使ってみてください。そのほうが絶対相手に伝わるものになりますから!