どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

幼い頃に親や大人から「マンガばっかり読んでないで、勉強にもなる小説とか本を読みなさい!」的なことを言われた人も結構いるはず。…いるよね?

では、マンガは小説や活字メインの本より劣っているのか。結論から言ってしまえば、これの答えは否でしょう!ノーです!

ぼくは幼少期よりマンガを読みまくって育ちましたが、小〜中学生の成績は常に上位でした。まあ幼少期のことなので自慢にもなりませんが、少なくとも勉強にはなんの差し障りもなかったということです(あてにならない事例でスミマセン…)。

これと併せてよく言われるのがゲームもですね。これも全く問題ありません。むしろあまり親が禁止をしたりする方が問題ありですね。…ですよ、親御さん!

話が逸れてしまいましたが、具体的にマンガと小説、それぞれ何が良いのか考えていきたいと思います。

マンガの最大の魅力は取っ付きやすさ

何と言っても絵が多い!これだけで特に子供は読む気がおきます。そうして好奇心の接点を増やすことができるのがマンガの良さでしょう。

そして、現在ではマンガの取り扱うテーマやジャンルも多様化しており、マンガを通していろいろな世界を覗くことができます。

スポーツ漫画を読んでスポーツに、料理漫画を読んで料理に、農業高校を舞台にした漫画を読んで農業に…といった具合に興味をもつかもしれません。

これらは実際に少年誌に連載されているごく一部のもので、マンガの世界は多種多様なテーマのもので溢れています。

子供の頃って感受性豊かで、いろいろなものに興味がもてる貴重な時期です。そんな頃にたくさんの世界を知るのにマンガを読むというのはとても有効な手段と言えます。

小説は想像力と語彙力を育む

小説は活字がメインである分、読み手が文脈から情景なんかを想像します。それにより豊かな想像力が身につきますし、活字にたくさん触れることによって漢字を覚えたり語彙を増やす効果もあるでしょう。それに当たり前ですが、小説にもいろいろな題材のものがあります。

大事なのは本人が興味をもてるか

こうして挙げると「やっぱり小説を読んでる方がいいやん」という印象をもつ方もいると思いますが、大事なのは読む本人が興味をもって読めるか、なんですよね。興味をもって読む分には結局のところどちらでもいいんです。

しかし、興味をもたない子供に対して親が無理やり小説を読ます、なんてのは最悪です。もはやこんなのは悪行ですね。こういう嫌だった記憶が将来的に本嫌いになる原因になったりします。

少し子供中心の話になりましたが、大人でも同じです。自分にあったフォーマットのものを選びましょうということです。

ぼくの場合、大人になるまでほぼマンガ一辺倒でしたが、知りたいことや興味のある分野のものを読みたくて、自然に小説やビジネス書等の活字の本も読むようになりました。フォーマットがなんであれ、興味のもったものにたくさん触れましょう。