ぼくがWEBデザインを勉強する3つの理由

ぼくがWEBデザインの勉強をはじめて約2年。
今ではショボいながらもWEBの仕事をするまでになりました。

今回は、ぼくがなぜWEBデザインの勉強をしようと思ったのか、そしてなぜWEBデザインの勉強を続けたのか、その3つの理由を書いていこうと思います。

キントキ
まだなんとな〜く興味がある程度の人へ、なにかのヒントになれれば幸いです。

1.セカイがひろがると思ったから

まず、勉強をはじめた理由。
インターネットの世界はひろいから自分を取り巻くセカイもひろがるんではなかろうか、そんな思いからWEBデザインの勉強をはじめるに至りました。

勉強をはじめた当時のぼくはとてつもない閉塞感を抱いていて、きっとつまらない人生をこのまま一生過ごすんだろう…などという、絶望を感じまくりな男でした。

キントキ
そんな状況をどうにか打破したくてWEBデザインの勉強をはじめて、同時にこのブログもはじめたんです。

なので、WEBデザインを勉強しはじめた理由とか動機として、明確なものはありません。

ただ、もがいている中での直感、きっといい未来があるような「予感」を感じたため、それを信じて突っ走ったという感じです。

そして、その予感は間違っていなかったと今では言い切れます。

2.やりたいことを実現するための近道

これはハッキリとした「やりたいこと」ではなく、もっとぼんやりとしたイメージです。

なにか明確にやりたいことができたときにWEBデザインやWEBに関する知識・スキルがあれば、ひとりでも大きな動きをつくるれるんじゃないか、そんなふうに思ったわけですね。

今はコード知識とかデザインソフトのスキルがなくてもサイトをつくれる時代ではあります。

ただ、知らない・分からないってことで、アイデアがあっても諦めてしまうことを避けたかったんです。

必須じゃないけど、近道になる。

そんなイメージで勉強を続けました。

3.WEBメディアをつくりたい!

これは今の明確な理由であり目的。

色々考えている中でたどり着いたのは、サイト・メディアをつくって発信していくこと。

考えると一番ワクワクするし、アイディアもたくさん湧いてきます。

今現在は、ジャンルに特化させたサイトいくつか立ち上げて、テストをしている段階です。

ローコスト・ローリスクでじゃんじゃん挑戦することができるのもWEBの世界の魅力ですね!

まとめ:WEBの知識で選択肢を増やす!

ぼくがWEBデザインを勉強する理由はこんな感じです。

はじめは「予感」のようなぼやっとした理由からはじめた勉強ですが、色々な知識に触れて実際に手を動かし、たくさんの人と話したり意見を交わす中で、やりたいことを見つけることができました。

まだなにも成し遂げたワケではないので、偉そうなことは言えませんが、どんなカタチになろうが挑戦はしていきます!そのためのツールとして、これからもWEBデザイン含めWEB界隈の勉強を続けていきますよ。

キントキ
なにか極めたい、将来のために勉強したい。そう考えているならWEBの勉強はおすすめです!