光琳の画力に鳥肌!琳派の特別展示in京都博物館に行ってきた!

京都博物館の琳派展

どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

こちらの記事で予告をして速攻ですが、行ってきましたよ!琳派の特別展示!いやー、ほんとに最高だったなあ。鳥肌が何回も立つ、そんな貴重な体験ができました。

入場に待ち時間ができるほど人気の展示になってますが、行ける人は是非行って欲しい!とりあえず、ぼくの感じた見どころ?というか、感想を書いておきますね!

変化を感じる展示法

会場に入ると、琳派の起こりから時系列で展示されていて、全く予備知識のない人でもわかりやすく展示されています(なので、飛び込みでも全く問題なし)。

別記事でも書きましたが、琳派と呼ばれる流派は直接師匠から弟子へと受け継がれていく通常の流派とは違い、後の時代の人間が先人の作品や作風を模倣したりしながらも自分の独自性を織り交ぜていき発展していった他に類を見ない流派なので、この時系列展示には絶大なる効果があります。

本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し、その後は尾形光琳・乾山兄弟が発展させ、後に尾形光琳をリスペクトした酒井抱一らが継承していって…という流れで展開されています。

そんな流れでみていると、光悦や宗達の頃は絵画や工芸・書などの垣根のない作品を贅沢かつ自由に創造してはいるが、どこか古典的な作風だったものが光琳・乾山の頃に昇華されたさまがハッキリとわかります。

更に、その後の時代に尾形光琳に心酔した酒井抱一の作品もみると光琳へのリスペクトを感じることもできます。この流れで観れる、というのが何よりも贅沢なことですよね。普段はバラバラの場所にあるわけですから。

光琳の画力に震えろ!

「琳派」というだけあって、尾形光琳は別格です!今回の展示で確信しましたね!

何よりその画力とセンスが段違いです。作品を創る際のラフ画のようなものも展示されていたんですが、現在の漫画やアニメーションにも通ずるような線の引き方で衝撃的でした。

ジブリや手塚治虫を思わせるようなタッチを300年以上前の人間に感じたというのはスゴイことだと思います。光琳やばいわ…。

塗りに関しても、たらしこみの技法などの宗達由来の技法もしっかり使っているんですが、どこかポップな塗りや色使いのものも多くて懐の深さのようなものを感じました。

光琳は大の遊び人だったようで、そんな派手な生活だったから豪華絢爛な作品やそれ以外の引き出しを増やせたんでしょうね!

ちなみに、弟である乾山は真面目な人間で質素な生活をしていたそうで、そんな性格の全く違う兄弟だったからこそ共作では素晴らしい作品を生み出せたんでしょう。人それぞれの性格・魅力を潰さないように生きてこそ実力が発揮できるんです!

ぼく自身も詳しくないので、理論や正式な解説等では魅力を伝えられないんですが、実際に観ることで感じることが大きいというのは確かです。ほんとに行ってよかった!これは断言できます!

11月23日(月・祝)まで開催しているので行ってください!損はしませんよ!詳しくは公式サイトをどうぞ!
あと、京都国立博物館は外観も素敵なので、それも見どころ!