購入のチャンスは月に一度だけ!笹屋伊織のどら焼は絶品和スイーツ!

皆さん、どら焼きはお好きですか??
ぼくは大好きです!くるおしいほど好きです!!

そして、ぼくの住む京都には、ありがたいことにたくさんの和菓子屋さんが存在しているので、色々などら焼きを食べることができます。京都ありがとう…!!

そんな京都のどら焼き界には月に一度しか販売されない激レアなどら焼きが存在します。

それが笹屋伊織の「どら焼」です。
どら焼きと聞いて、誰もが思い浮かべるであろう形や味とは別モノなので、その全てをレポートしていこうと思います。

販売日について

まず、月に一度の販売日について書いていきます。
正確には、毎月20・21・22日のみの販売なので、月に一度といってもこの3日間であれば購入が可能です。

では、なぜこの3日間のみの販売なのか。
その理由は、昔から弘法大師のご命日である21日のみ販売していたのを、現在では前後一日ずつ拡大して販売しているためです。

この笹屋伊織は五重塔で有名な東寺のそばにお店があり、その東寺では弘法大師のご命日である21日に毎月弘法さんと呼ばれる市が行われています。弘法市ともいいますね。

その弘法さんの日に昔から売っていたという伝統があって、現在もそれを引き継いでいっている、というわけです。

笹屋伊織の「どら焼」のはじまりは、江戸時代の末期といいますから伝統や歴史を感じますね!

実際に「どら焼」を見ていこう!

そんなこんなの経緯で、いまだに限定販売になっている笹屋伊織の「どら焼」を実際に見ていきましょう!

キントキ
なんと、味や製法も江戸時代の末期に誕生した当時のままなんだとか!

では、早速見ていきたいんですが、まず注目すべきはお店の紙袋!
笹屋伊織の紙袋
めっちゃオシャレですよね!
可愛いのに高級感もあってステキです。

まあ袋ばっかり見てても仕方ないので取り出していきます。
笹屋伊織のどら焼
まず見て思うのが、箱の段階で知っているどら焼きの形とはまるで違うということ。これが笹屋伊織の「どら焼」独特の形です。

箱に巻いてある包装紙のデザインもすごくよくて、細かいところにもこだわりを感じます。
笹屋伊織のどら焼
笹屋伊織のどら焼
2本買ったので並べて撮ってみました!
包装紙もステキですが、はやく食べたいのでめくります。
笹屋伊織のどら焼
包装紙をめくってもまだ箱です。
しっかり「どら焼」と書いていますね!箱もあけていきます!!
笹屋伊織のどら焼
…まだ紙が巻いてありますね。
さすがレアなどら焼き!包装もえげつない!!
笹屋伊織のどら焼笹屋伊織のどら焼
筆文字っぽくてカッコイイ!?
さあ、さすがにそろそろ本体が出てくると思うので、むいていきます。
笹屋伊織のどら焼
まだ包まれとる〜!昔の人がおにぎり巻いてたみたいな葉っぱに包まれとる〜!!

ただ、この葉っぱの表面に蜜がしみてきているので、これが最後でしょう。説明の紙によると、この葉っぱごと包丁で輪切りにして食べるのが正しいお作法ようですが、今回はしっかり全容が見たいので葉っぱもむいていきます。
笹屋伊織のどら焼
このように、にょーんと一本になっていて、その見た目からは一切どら焼きを連想することはできません。

チーズちくわのような形で真ん中にあんこが入っている感じですね。これが笹屋伊織の「どら焼」。

では、切っていきますよ!入刀!!
笹屋伊織のどら焼
ご覧の通り、ボリュームは結構あります。
コレ一本で3〜4人はいけちゃう感じですね。

そして、実際に持ってみると、ズッシリ重くて見た目以上のボリュームもありますよ。

肝心のお味の方は・・・?

大切なのはそのお味ですが、もう一度どら焼の断面をご覧ください。
笹屋伊織のどら焼
よく見ると、木の年輪みたいになっていますよね。
これは薄く焼いた皮を何層にも重ねて、最後にあんこをのせて巻いているからなんです。

キントキ
【一言メモ】
もともと江戸時代の末期に笹屋伊織の店主が、東寺のお坊さんからお菓子を作るよう依頼を受け、お寺でも作れるように鉄板ではなく丸い銅鑼(どら)で生地を焼いたのがはじまりらしいです。

で、肝心の食べた感想ですが…
先にハッキリいっておくと、おいしいです!!
おいしいんですけど、その見た目と同じで、お味の方も普通のどら焼きとは全く違います!

まず、皮の部分はネットリ&モッチリ。
例えるならういろうのような食感ですかね。もちろん正確にいえば違うんですが、そのくらいモチモチなんです!この皮が笹屋伊織の秘伝のものなんでしょう。

そして、あんを含めた全体のお味。
すごく優しくて甘すぎずソフトで上品な印象を受けました。

食べた瞬間に飛び上がるような衝撃的なおいしさではないですが、素朴でどこか懐かしいような、そんなお味です。

今回は2本も購入したので、家族みんなで食べても結構あまってしまい、母の職場のおばちゃん達におすそわけしたんですが、皆さんから大絶賛でした!その中の一人のおばちゃんは、感激して今まで食べたお菓子の中で一番おいしい!とずっといっていたらしいです(笑)。

結構食べごたえもあるので、みんなでちょっとずつ食べるのもいいですよ。
笹屋伊織のどら焼
モッチモチなので、一切れでもかなり満足感はあります。ぼくは三切れで十分でした!

和菓子好きには無条件でおすすめ!

笹屋伊織の「どら焼」。
月に3日間のみの販売ですが、食べる価値アリです。

キントキ
和菓子好きの人なら無条件でおすすめですし、そうでなくてもレアモノなので、話のネタにもなっていいですよ。

入手手段としては、笹屋伊織のお店に買いに行くというのがひとつ。

この笹屋伊織さん、たくさんお店があるんです。京都以外にも割と全国的にあるようなので、お近くにお店がある場合はそこで購入可能です。

加えて、ネット販売もしています!こちらは事前予約での販売になるので、確実にゲットしたい方はお早めにネット購入しておくといいですよ。

店舗情報やオンラインショップは公式のHPでチェックできるので、気になる方は下のリンクからどうぞ。

京菓匠 笹屋伊織の公式HP