どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

前回の記事で10記事目だったんですが、文章を書くのって難しいですね。コトバにするのに比べたら半分も表現できてないです。

もっといえば、感じたことを表現するのって難しいです。それにどうしても調子に乗ったヤツみたいな印象になってしまうので困っています…。

ナチュラルな表現こそ難しい

文字だけで伝えるっていろいろな難しさがあります。その中でも普段話している時のようなニュアンスを表現するのは難しいですね。

普段は話し方や話し相手のレスポンスでなんとなーく上手く話せていると思っていたので、自分の書いた文章を読んでショックでした…。

全体的に偉そうで冷たく感じましたし、自分のことながらコイツとは仲良くなりたくないです(笑)。

文字だけだと冗談で言っているのか本気で言っているのかも読み手が文章のみで判断しなければならないですし、どうしても文字は無機質なものなので、冷たいような印象で受け取られがちになります。

また、アツく持論を書き綴っていてもどことなく偉そうな印象にもなっちゃいます。なので、この辺りは書き方に注意ですね。

もっとも内容が希薄であったり説明がおぼつかないのは文章だから、という問題ではなく、もっと根幹の部分に原因がありそうですが(笑)。

意外な部分の難しさ

あと、書き始めて意外に悩んだ部分としては言い回しや語尾、全体的な構成がワンパターンになってしまうことですねー。

いつも公開する前に見直して苦笑いしながら出来るだけ修正しています…。「文章を書く」という技術が圧倒的に足りていないことを痛感させられる毎日です。

書くことが成長に繋がる

ほんとにブログを始めて以来、常に何かを調べたりやり直したりの連続です。まだまだ始めたところなので成長は感じられませんが、上手くなるには書くしかないんですよね。

もちろん他の人のブログや本を読むのも勉強にはなりますが、自分で文を書いてこそ成長できると信じて書いています。

上手い文章を書けるようになればブログだけではなく仕事とかにも活かせます。とにかく今は下手くそでも書き続けるので、もしここまで読んでくださったならもう少し見守ってください。きっと役に立つ情報を届けてみせますので!

最後に、併せて本などで勉強するのも当然ですが、有効的です。

ぼくがブログを書く上でのバイブルは、イケダハヤト著武器としての書く技術―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しいマル秘文章術です!

ほんとに良書なので、イケダハヤトさんの本に恥じないくらいには書いていきたいですね!