関西で子供連れなら京都の「神崎海水浴場」が超穴場でおすすめ!

京都府の北部、舞鶴にある「神崎海水浴場」。

ぼくは毎年この海水浴場に行ってるんですけど、特に小さなお子さんがいるご家族には関西ナンバーワン海水浴場だと思いますね!

静かでリフレッシュできるのでホントはあまり教えたくないところですが(笑)。

海水浴場へ向かう道中も日本の原風景って感じでワクワクさせてくれます。




アクセス面も京都縦貫道の全線開通により格段によくなりましたし、京都市内〜南部からなら1時間ちょっと、大阪市内〜北部からでも2時間あれば行くことが可能。

そんなお気軽に行けるのにまだまだ知られていない神崎海水浴場についてまとめていこうと思います。

神崎海水浴場の魅力

神崎海水浴場の魅力を挙げると、大きなところは下記の3つです。

  1. お客さんはファミリー層が中心
  2. 遠浅で波がおだやかなので安全
  3. 海の家が充実していてシャワーや食事の心配なし

ひとつずつカンタンにみていきますね。

1.お客さんはファミリー層が中心

神崎海水浴場の様子

たとえば、チャラい大学生がナンパしていたり爆音で音楽を流していたりする海水浴場では、安心して子供を遊ばせるのはムリですよね。

その点、この神崎海水浴場はファミリー層のお客さんばかり!

実際、子供連れのお客さん以外には、地元の中学生やチラホラいるくらいで平和そのものですよ。

2.遠浅で波がおだやかなので安全

神崎海水浴場の様子

大人のぼく(身長180cm)だと、テトラポット近くまで歩いていけるレベルの遠浅です。そして波もかなりおだやか。

このあたりがお子さん連れが多い理由でしょう。

非常におだやかで皆さん小さいお子さん連ればかりなので、万が一自分の子供から目を離してしまっても他の所に比べ、安心度は断然高いです。

もちろん監視塔にも常に監視員がいますので、気づかず沖に流されて…などという事故もありません。

3.海の家が充実していてシャワーや食事の心配なし

そこまで大きくはない海水浴場ですが、海の家が4つほどあります。

そして、どこも海の家もフードメニューが豊富で美味しい!

神崎海水浴場の海の家・ひとみ

ぼくのお気に入りは「ひとみ」です。

定番の焼きそば・かき氷・唐揚げなどはもちろんのこと、ピザなんかもあって迷いまくりです。

気になるお値段もすごくリーズナブル。むしろ普通にファミレスで食べるより安いものが多い(笑)。

あと、シャワーや脱衣所の設備面ですが、海の家ごとに用意があって帰りの時間でもかなり快適(無料の冷水シャワーもトイレ横に設置アリ)。

温水シャワーも個室タイプと野外設置の2パターンあって、野外設置のもののほうが安くなっています。むしろ小さな子供さんだと、野外設置のほうが洗いやすくていいですよね!

神崎海水浴場へのアクセス

神崎海水浴場までは京都縦貫道・舞鶴大江をおりて30分くらいで到着します。もちろん駐車場アリ(有料・1000円です)。

参考までに、ぼくの住む京都府の南部・宇治から京都府の北部にある神崎海水浴場までは1時間30分くらいで行けちゃえます。

とにかく行ってみてください!

文章が下手くそで魅力を伝えきれてないんですが百聞は一見にしかず。海水浴をお考えなら一度行ってみてください。

舞鶴のリアス式海岸の入江にある海水浴場なので、のどかな雰囲気にも癒やされますよ。