どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

最近インターネットを利用していて、何らかのサービスやコンテンツに課金することが増えたなーと思ったので、書いてみました。


スマホやタブレット等のデバイスが普及して以降は特に課金のハードルも下がって、提供されるもののクオリティも上がってきたので、これから更に流れは有料コンテンツに傾いていくでしょう。

全くのドシロウトですが、後で読み返した時に恥ずかしくなるように考察を記録に残しておこうと思いますので、皆さんも半笑いでご覧ください(笑)。

【課金例】ぼくの場合

ぼく自身の課金例をザックリですが、書いていきます。目新しいことはないですけど、とりあえず整理の為に。

まず、スマホ関連で有料アプリ。
以前に比べて抵抗なく購入できるようになりましたね。むしろ有用なものであれば積極的に有料にして欲しいくらい。

その方がかえって安心感ありますよ(笑)。

ちなみにスマホゲームはやりません。絶対ハマっちゃうんで!笑

あとは、DVDを買ったりTSUTAYA等で借りていたものが今だと定額の見放題サービスに加入して観たり、本も本屋さんに行って買っていたものが家で電子書籍をダウンロードしたり…ざっと思い浮かぶのはこれくらいですかねー。

もちろんDVDを借りたり本を買ったりしても得られる内容は変わりませんし、お金を使うことにも変わりないのですが、その頻度や課金額は明らかに増えましたよね。

だって、夜中であろうと家にいながら簡単に購入・閲覧できるんだから。コレ以上の便利はないですよ、ほんと。

今後の考察

そして、WEBの世界ではこれからもっと色々なジャンルで課金型のコンテンツが増えるでしょう。

今のインターネット上には無料で簡単にアクセスして閲覧できる情報が溢れています。すごく便利な世の中になったものだ。しみじみ。

ただ、参入障壁がほぼゼロといっていいので、質が悪い情報が多いのも確か。特に何か特定のジャンルの情報を真剣に漁っている時なんかは邪魔で仕方がないのもたくさんあります。

そうなってくると多少課金してでも簡単に良質な情報を得たいと思うのは、必然であり自然な流れですよね。

もちろん課金するにあたっては、それなりに有用であると確信したものでないと無理ですし、ブログだとか何らかの記事が読めるサイトからの導線があってこそですが。

例えば、英語を一から勉強したいと考えて辿り着いたブログやサイトで、ものすごい分かりやすく説明のできる書き手が書いた記事があって、それよりもっと細かく中学生レベルの知識しかない人でも修得できるような方法論やプログラムが詳しくまとめられている情報が何らかのカタチ(電子書籍なのか定期的なマガジン形式なのか…)で購入できるようになっていれば買いません?

ぼくなら買うでしょうねー。それに+αで質問が専用フォーム等で可能だったりしたら絶対買います!笑

肝は一度、記事を読んで信用するに値する書き手だと判断できた点ですね。ネット上ではこの流れが必須だと思います。

販売方法・課金方法に関しては、ネット上だからこそ色々なカタチがあるでしょうし、これが鉄板!という販売方法は出てこないと思いますが(そもそもコンテンツの内容によって向き不向きもある)、ネット上での情報に課金していくのが当たり前になっていく時代がきます。それもわりと早く。

そんな時代では、課金する価値のある情報・コンテンツを効率よく発信できる者こそが、勝者となるんでしょう。

現状、まだそこまでブロガーが書くような情報に課金するというのが一般化してはいない(イケダハヤトさんはあちゅうさんはサロン等で月額課金制の成功をなさってますが、まだまだ他の販路を模索中のようです)ので、これからいくらでもチャンスはあります。

WEBライティングというものは奥深くて難しいものですが、掴めた時にはすごく貴重なスキルで武器になりえますから、ぼくも主にこのブログを通してガンガン鍛えていこうと思っています。

以上、完全に勢いだけで書きなぐった記事でした!笑