WEBデザインの基礎に触れたらスグ逆引きデザイン事典を買え!【未経験から独学でWEBデザイン】

逆引きデザイン事典

どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

前回の記事で、WEBデザイン入門書のオススメを書きました。ぼくも未経験から独学でWEBデザインの勉強をしている身なので、なかなかいいオススメが出来ていると我ながら思っています。

そして今回は、前回オススメした本等ですでにWEBデザインに触れている人に向けた内容です。WEBデザインの勉強をする上で一番使う頻度の高いソフトであるPhotoshopとIllustratorですが、とにかく出来ることが多い!

出来ることが多いのは、いいことではあるんですが勉強中の初心者からしたら何をどうしたらいいのか分かりづらくもあります。特にめちゃ分厚いリファレンスなんかを買ってしまった日には、やりたいことを見つけるのに一日費やすレベルです。…それは言いすぎですね(笑)。

まあ初心者が機能を知らないで苦しむのは事実…!そんな時に助けてくれるのが、逆引きデザイン事典です!逆引きデザイン事典とは、やりたいことからやり方をすぐに調べられる優れもので、とにかくやりたいことの答えが見つかります。

これって実は、普段やることって結構限られてるってことなんですよねー。とはいえ、初心者のころは分からないことばっかなのでアレですけど。ぼくも現在絶賛逆引きで引きまくってますが、同じ所を引くことも増えてきました。一回引いたら覚えろよって話ですけど…。

そして初心者は調べてる時でなくてもパラパラ読んでるとやりたかったことのやり方を見つけれたりして、結構感動的ですよ(笑)。

最終的になにか言いたいかというと、勉強をはじめたら出来るだけ早く逆引きデザイン事典を買え!ってことです。これは間違いないです。そして、PhotoshopやIllustratorの逆引きはいくつかありますが、圧倒的にこれがいいので貼っておきます。デザイン関係の本って結構高いですが、ながく使えるものなので惜しまず投資しましょう!