ピンタレストは危険なWEBサービス!?愛用者のぼくが使い方を解説!

ちょっと暇つぶしに見るつもりが、物凄い時間奪われます!危険です!笑

とまあ、ここまでいうと大袈裟かもしれませんが概ね真実です。なんせ、スマホのアプリも当然あるので、ついつい開いて見ちゃってます。

キントキ
ほんとスマホ依存症の一因ですよ、これ(笑)。

そんな危険なサービス(まだ言う)のピンタレストとは、どんなものなのか、その立ち位置から登録・使い方まで簡単に書いていこうと思います。

ピンタレストってどんなサービスなの?

知らない人もまだ多いサービスだと思うので簡単に説明すると、様々なジャンルのハイセンスな写真やイラストを見ることが出来て、これを自分のボードに追加していき共有できるサービスです。

…めちゃ分かり難いですね(笑)。

まあとにかくクオリティの高いロゴデザインの画像も無数にありますし、インテリアに興味のある人なら物凄く趣味の良い部屋の画像もたくさんあります。

他にも、絵をやっている人であればデッサンやキャラクターデザインの設定資料なんかもあるので、良いインスピレーションを受けれるでしょう。

とにかくハイセンスなものばっかりで、あの東京オリンピックの盗作ロゴデザイン問題で世間を騒がせた佐野研二郎氏もピンタレストから盗用する候補をいつも探っていた、という話があるぐらいのサービスです(笑)。

SNSなの?ピンタレストの立ち位置

ピンタレストは他の人と写真をピンして集めたボードを共有できるので、新手のSNSのようなものだと思われるかもしれませんが、ちょっとぼくのイメージは違います。

SNSは自分自身の出来事や現在の状況を報告というか共有するために使いますよね。インスタグラムだと今日行った美味しい料理屋の画像をアップしたり、フェイスブックだと今日〜した!とかツイッターだと〜なう!とかいう感じで。

対してピンタレストは、可愛い服を見つけたのをボードにピンしておいたり(これは写真をコルクボードに貼っていくようなイメージです)参考になりそうなデザインのものを集めたり…どっちかというとブックマークに近い印象ですね。

自分が残したブックマークを趣味趣向の近い人物が見れるように共有できるだけで基本は自分のためのサービスです(他の人に共有しない形のボードも作れます)。

ピンタレストの使い方

ピンタレストは、フェイスブックのアカウントもしくはメールアドレスでの登録ですぐに使えます。

そして利用方法もすごく簡単で、メールで登録の場合はアドレスの入力とパスワードの設定。

あとは興味のあるトピックを選んでいくのですが、こんなにズラリと並んでます!

しっかり選べば、準備完了!ここで選択するトピックを絞ったとしても、あとで別のトピックを閲覧することもできます。

ここまで終わると、選択した興味のあるジャンルの画像がズラッと表示されますので、その中で気に入ったものがあればボードにピンするだけ。

そんなこんなで興味のあるものをドンドン見ていくと、更にこれを見た人にはこれがオススメ!的な感じで無限に表示されていくので、ずっと見ちゃうんです…。

ボードはいくつも作れるので、デザイン・インテリア・洋服みたいな感じでテキトーにボードでジャンル分けすると使いやすいです。

あと、誰かが作ったボードをお気に入りにすることをリピンというみたいですが、ぼくはまだ使ってないですね。

…あ、ひとつ注意点的なのをいうと、ピンタレスト内で特定のワードで検索をかけることができるんですが、まだ日本ではメジャーなサービスじゃないので英語で検索する必要があります。

まあその際はグーグル翻訳とかでテキトーに英語にして検索しちゃってください!

結論:ピンタレスト最高!!

簡単に使えるピンタレストですが、その中毒性にはホントに注意が必要!

ただ、それだけ面白いサービスですので、是非使ってみてください!パソコンからももちろん見れますし、iOS版・Android版のアプリもあるのでそちらで見るのもいいですよ。

最後に一応公式のページ貼っておきますので、ご登録どうぞ!→Pinterest(ピンタレスト)公式