京都検定を受けよう!知識を得ればもっと京都が楽しめますよ!

京都検定のテキストです

どうも、キントキ(@kintokicreate)です。

一時期のご当地検定ブームにより全国各所のあらゆるものの検定が存在します。その中の草分け的存在であり、代表的な検定が「京都・観光文化検定」、通称・京都検定です。

ご当地検定のブームが去り、その種類はピーク時の約半数ほどになってしまいましたが、京都検定に関しては未だに受験者数が落ちることなく人気を保っています。

そんな京都検定の申し込みが9月1日〜から開始されるのに先駆けてオススメさせていただきます。

なぜちょっと早めにオススメするかというと、今から勉強を始めても合格に間に合うからです。勉強は少しでも時間がある方がいいでしょ?

京都検定が人気・オススメな理由

実はぼくも4年ほど前に京都検定を受験しており、3級ですが合格しています。

なので、京都検定合格者として人気な点やオススメな理由を挙げていきますね!笑

京都検定が人気の理由はいくつかあると思いますが、まずは京都が人気の街であるからでしょう。

京都以外からの受験者も案外多くて、受験のついでに観光をして帰られるそうです。これはどちらが本来の目的かわかりませんが(笑)。

そしてオススメの理由としては、京都に住んでる人って意外と京都のこと知らないんですよ。

他府県や海外の京都好きの人のほうが詳しいということもよくあります。現にぼくの従兄弟の話なんですが、海外留学をした際に京都出身だと話すと色々な質問をされたそうです。

ただ、質問の内容に全然答えられなくて恥をかいたという話をしていました。京都に住んでいても清水寺すら行ったことない人も多いですしね。

そんな京都を知らない京都在住者が改めて京都のことを勉強する機会に京都検定の受験はうってつけです!自分的には京都通のつもりだったぼくも知らないことがいっぱいでした。

そして、京都を少しですが勉強して知ったことで更に京都を好きになりました。なので、京都をもっと知って好きになるために京都検定の受験はオススメです!

京都検定との戦い方

ここまで読んでやる気になった方!まず、基本的に京都検定には公式テキストがあるので、これをカバーしていれば2級、3級は大丈夫です!

そしてこの公式テキストがまたよくまとめられていて読み物としてもすごくいい本なんですよ。合格とか関係なく京都のことが万遍なく知れる良書です。アマゾンでも買えるのでリンク貼っておきますね。

とりあえずこの本を読み込みましょう。今年は12月13日に試験が行われる(毎年だいたいこのへんです)ので、今から始めれば3ヶ月以上時間があります。

ハッキリ言って合格が目標なら余裕です。3級であれば勉強期間2週間くらいで行けるんじゃないかな。

ただ毎年を平均すると3級の合格率は50%ほどです。これは簡単だとナメて受験している人が多かったりするからでしょうね。なのでしっかり勉強して挑みましょう。

そして、すでに京都の知識には自信がある方や勉強の時間がある程度割けそうな人は飛び級で2級に挑戦しましょう!

難易度は一気に上がりますが、2級をもっていないと1級には挑戦できないので後のことを考えても一発目で2級合格はデカイです。

ちなみに2級と3級を2つとも受けられるように時間が午前と午後になっています。加えて2級と3級はマークシートの四者択一形式ですので、ダメ元で2級も一緒に受けるのもアリでしょう。

ぼくも今年は久しぶりにまた勉強をして2級を受けようか検討中です!スケジュール次第ですね。あ、受験の申し込みや詳しい内容に関しては公式HPを御覧ください!

最後に1級の話も少ししておきます。まあ1級は完全に別格で激ムズです…。去年一昨年の合格率をみても4%ほどで超狭き門です。

これは問題のレベルが上がるのと出題形式が択一式から記述式+小論文式になるためです。合格できる人は正真正銘の京都マスターでしょう。

ちなみに今までの1級合格者だとタクシー運転手やホテル従業員など京都の観光に関わっている人が多いようです。

その京都の観光に関わっている人たちにとって1級合格はステータスになっていて、タクシー運転手の方なんかは合格証をタクシーに貼って自慢気に営業しているそうです(笑)。