ガラスフィルムの欠点!iPhoneに貼ったガラスフィルムの端が割れた…

iPhoneのガラスフィルムが割れた

iPhoneを新調したら、ガラスフィルムを貼ってから使うっていう人も多いですよね。

ぼくもその1人なのですが、毎回のように頭を悩ませることがあります。

それがタイトルの通り貼ったガラスフィルムの端が割れてしまうことです…。

写真を載せておくとこんな感じ。

iPhoneのガラスフィルムが割れた

※現在はiPhone13 Proを使用してますが今でもちゃんと商品選びをしないとこういうものにあたります…。

ちょっとしたことですが結構ストレスになるので、ここではガラスフィルムのメリット・デメリット、あとおすすめの商品と選び方についても書いておこうと思います。

スグにおすすめ商品をチェックしたい場合はコチラをクリックしてジャンプ!




ガラスフィルムのメリット:指すべりもよく透明度も高い

個人的な使用感ですがガラスフィルムの方が通常の保護フィルムより透明度が高い印象です。

あとガラスフィルムはもちろんガラスなので、裸で使っているのと変わらない指すべりで使えます。

画面が綺麗に見えて指すべりもよく、当然ですが画面も保護してくれる。

このメリットがデカすぎるので、今ではガラスフィルムが一般的になってきているわけですね。

ガラスフィルムのデメリット:段差が気になるのと薄くなると強度が弱くなる

ガラスフィルムはガラスを貼り付けているので、どうしても貼ってある部分とそうでない部分の段差が気になってきます。

解決策として「薄いガラスフィルムを選ぶ」という方法もありますが、物理的に強度が弱くなりますしお値段も高くなってくるわけです。

ぼく自身も過去に0.1mm〜0.2mm台のガラスフィルムを購入したものの、スグに割れてしまった…という経験があります。

しかもとても丁寧に扱っていたのに、です。

ハッキリと言い切れますが、その際にぼくが割れを防ぐ方法はありませんでした。

正真正銘、勝手に亀裂が入ってひろがったという感じです。

補足
3000円オーバーのガラスフィルムを選び、ヨドバシカメラの貼り付けサービスを利用しての結果です。大切なことなので強調しますが、9Hなど硬さを表す数値が記載されているものでも薄いものは経験上割れやすいです!




ガラスフィルムの選び方とおすすめのiPhoneガラスフィルム

ガラスフィルムの選び方とiPhoneにおすすめの商品

メリット・デメリットを踏まえて、ガラスフィルムの選び方とぼく自身が使って満足のいったおすすめ商品をご紹介します。

ぼくのイチオシiPhone用ガラスフィルムはコレ!

ぼくが実際に使ってみて満足したガラスフィルムがコチラ。

新しいiPhoneが発売されると、いち早く商品をだしてくるメーカーSpigenさんのガラスフィルムですね。

なんとこのお値段で2枚セットなので安心してガシガシ使うことができます。

また、画期的な貼り付けキットがセットになっているので、不器用なぼくでもカンタンに貼れてしまえるのは感動でしたね。

ぜひお試しあれ!