ガラスフィルムの欠点!iphoneに貼ったガラスフィルムの端が割れた…

iPhone6s Plusに貼ったガラスフィルムの亀裂

iPhoneを新調して以来、快適に使ってきたんですが、本日ちょっとした事件が起きました。

はい、タイトルの通り貼っていたガラスフィルムの端が割れてしまったんです…。

写真を載せておくとこんな感じ。

ちょっとしたことですが、気になる人は気になることなのでガラスフィルムのメリット・デメリットについて少し書いておこうと思います。

ガラスフィルムのメリット:指すべりもよく透明度も高い

まずは、メリットですね。
個人的な使用感ですが、ガラスフィルムの方が通常の保護フィルムより透明度が高い印象です。

あとガラスフィルムはもちろんガラスなので、裸で使っているのと変わらない指すべりで使えます。画面が綺麗に見えて指すべりもよく、当然ですが画面も保護してくれる。

このメリットがデカすぎるので、今ではガラスフィルムが一般的になってきています。

ガラスフィルムのデメリット:段差が気になるのと薄くなると強度が弱くなる

次にデメリットです。
ガラスフィルムはガラスを貼り付けているので、どうしても貼ってある部分とそうでない部分の段差が気になってきます。

それを軽減するためには薄いガラスフィルムを選ぶのが良いのですが、ガラスなので薄くなるにつれて強度も弱まるわけです。悩ましい…。

ガラスフィルムは0.3mm台のものが安くて商品数も多いですが、やはり厚さが少し気になります。

それより薄いものだと0.2mm台のものと0.1mm台のものがありますが、薄さに比例して値段も高いです。

ガラスフィルムを選ぶときのポイント:強度を重視するか、厚さを重視するか

今回、ぼくは一番薄い0.1mm台のものだと強度がどうしても不安だったので、0.3mm台のフィルムよりは段差が気にならなかった0.2mm台のものを購入しました。

その結果、1か月も経たないうちに角が割れるという残念な感じに…。

これが自分で落としたりどこかにぶつけた結果なら自己責任で仕方ないんですが、実はそういうわけではないんですよ。

ほんとに勝手に割れました。
表現としては割れたというか小さな亀裂のようなものができたところに服とかに擦れて欠けていったような感じです。

はっきり言い切れますが、今回ぼくがガラスフィルムに亀裂が入ることを防ぐ方法はありませんでした。

とても丁重に扱っていましたし、カバン等に雑に入れることもありませんでしたから。

もちろんフィルムの品質によっても一概には言えないですが、ぼくの購入したものは約3000円くらいのもので相場としても決して安いものでもないです。

貼り付けもヨドバシカメラの貼り付けサービスを利用してカンペキに貼ってもらってこの結果なので、ガラスフィルムを選ぶ以上避けられないのではないかと思っています。

ぼくがこれからガラスフィルムを検討している方に伝えたいのは、薄めのガラスフィルムは端の方が欠けることは覚悟しろ!いうこと。

大切なことなので強調しますが、9Hなど硬さを表す数値が記載されているものでも薄いものは割れやすいです!

これは実際に使ってみて実感したのと、周りで割れてしまっている人の話から導いた結論です。

ガラスフィルムは適度な厚さが正義!

【追記】
貼ってから3ヶ月ほどで、画面中央を横断する亀裂が入りました。落としたりぶつけたりしたこともなく、家で使用している際に亀裂が入ったので、うーん…。どうしようもないですね…。

ということで、新しい保護ガラスを装着しました!

コレが快適で、貼ってから一年ほど経ちましたが、キズもなくめっちゃキレイ!!周りの人にもゴリ押ししてますが、すごく好評ですよ!

その新しい保護ガラスとは、コチラです!!

もちろんiPhone7/8やiPhone X対応のものもあります。下にリンクあり。

いやー、はじめからコレに出会いたかった…。
貼り付けにおいても特殊な貼り付けキットが付いているので非常に簡単に貼れます!

そして指の滑り、透明感も素晴らしく、0.3mm台のガラスにもかかわらず段差も違和感のないような加工がされています。マジでオススメ!

ただ、欠点というか気になる点がひとつ。

サイズが画面ギリギリで作られていること。

ね、ギリギリでしょ(笑)。ただ、使用上は全く引っかかりも違和感もないです。

ちなみに最近のiPhone8やiPhoneX用のものでは改善されているようなので、ほぼこの問題もクリアされているとのこと。

そのiPhone8やiPhoneXに正式対応したモデルも下にリンクを貼っておきますので、一度チェックしてみてください。値段も安いです。

幸せになれる保護ガラスですよ!