びわ湖バレイ・びわ湖テラスからの景色は関西一!インスタ映え+癒やしMAXでオススメ

びわ湖テラス

疲れきった心と身体をリフレッシュしたい。
爽やか~な空気と美しい景色を堪能したい。

そんな思いをもっているアナタ!
びわ湖テラスに行ってみませんか?

キントキ
個人的には関西圏でイチバンの絶景スポットだと思っています。

今回は、実際に行ってみたレポートと撮影した写真を中心にまとめていきますので、ぜひご参考にどうぞ。

簡単に「びわ湖テラス」とは?

関西のスキー場として、一番有名といっていいのが「びわ湖バレイ」です。

名前から想像できる通り、滋賀県にあります。

で、この「びわ湖バレイ」にあるカフェ&テラスが「びわ湖テラス」なんですね。

ちょっとややこしいですけど

冬場は「びわ湖バレイ」のスキー場として運営、スキーのオフシーズンは「びわ湖テラス」を中心にしたレジャー運営。

こんなふうに理解すればOK。

そんな運営スタイルのため、びわ湖テラスとしての運営期間は春から秋、4月中旬から12月頭くらいまでとなっています(正確な日時は公式HPをご覧ください)

また、公式HPでは天気の様子(気温・風の強さ)やリアルタイムのライブ映像も見られるので、行く前には公式HPをゼッタイ見ておいたほうがいいですよ。

山の天気は下とは別モノですからね!

キントキ
ちなみに天気の様子を確認しないで、霧(きり)が濃いときに行ってしまうと下の動画のようになります(笑)。

びわ湖テラス体験記

ロープウェイという難関

キレイな景色楽しみだな~!

なんて、浮かれている人間を現実に引き戻す難関が待ち受けています。

それが「ロープウェイ」。
…は?ロープウェイ?それがどうした!?

こんなリアクションもよーくわかります。

ただ、ジェットコースター系・飛行機が苦手な人は、全員ぼくと同じ状態になりますから!気をつけてくださいね!

こちらをご覧ください。
びわ湖バレイのロープウェイ

このロープウェイですが、約5分で標高1,100mの山頂に運んでくれます。

なんとその秒速12m!時速換算で43.2km!!

メッチャ速いですよね!
実際、ロープウェイでは日本一の速さです。

しかも全長が1,783mで高低差が782.23m!

数字ではうまく伝わらないと思うので、乗車中の写真をご覧あれ。
ロープウェイから見た角度

めちゃくちゃ高いところにおそろしいスピードで上がっていくわけなんで、もちろんフワッフワもしますし途中の支柱のところなんてトンデモなく揺れます。

少なくとも、一般的なロープウェイとは比べものにならないスケールとスピードだということは覚えておいてください。

キントキ
なぜ、ここまでビビらせているのか自分でもわからないですが、心構えは大事だということです(笑)。

山頂に着いた瞬間、世界が違う!

恐怖のロープウェイですが、山頂までは一瞬で到着です。

山頂に着いてロープウェイの扉が開いた瞬間、まったくの別世界。

温度も肌感覚で明らかに低くて空気の「味」すらも変わっています。

キントキ
空気がおいしい+涼しくてサイコーですよっ!

逆に天候や時期によっては、涼しくなりすぎて寒いくらいなので、真夏以外で行かれる場合は羽織るものがあると大活躍しますよ。

その景色、圧倒的な天空感…!

びわ湖テラスの並びからチラ見

↑カフェの販売スペースに並びながら、ガマンできずにテラス側を覗いて撮った写真です。

ぼくが行った日は薄曇りだったんですけど、それでもすごくキレイそうな予感…!

食べ物と飲み物の購入をサッと済ませますよ!
びわ湖テラス

テラス側の席を確保して撮った1枚がこちら。
びわ湖テラスからの景色

薄曇りなのでクッキリとは見えませんが、この天空感ですよ…!
びわ湖テラスからの景色

ここでボ〜ッと座っているだけでもとんでもないリフレッシュ効果あり。

これだけの景色を味わえるのは滋賀県ならではですし、その滋賀県の景色を堪能できるのはびわ湖テラス(びわ湖バレイ)ならではですよね。

こうしてボ〜ッとしているのもいいんですが、やっぱり写真が撮りたくなってウズウズ(笑)。

そんなこんなでバシャバシャと写真も撮ったので、たくさんお見せしていきますよ!

フォトジェニックでインスタ映えする被写体ばかり

びわ湖テラス自体、オシャレでフォトジェニックなインスタ映えするスポットとして計算されてつくられただけあって、どこを撮ってもオシャレです。

カフェで購入したものを撮っただけでもインスタ映えMAX。
びわ湖テラスカフェの食べ物と飲み物

左からオニオンリング&フレンチフライの軽食・ほうじ茶・ジェラートのダブル(ほうじ茶と桃だったかな?)です。見た目だけでなく、お味もバッチリでした。

軽く食べたあとは散策をしたんですけど、びわ湖テラスの醍醐味も撮りましたよ。
びわ湖テラス

びわ湖テラスそして、なにげにカフェの中もオシャレ!
びわ湖テラスカフェの中

びわ湖テラスカフェの中 びわ湖テラスカフェの中

外の景色にどうしても目がいきがちですが、中も落ち着いていてステキですよね〜。

逆にオシャレじゃないところがなくて、トイレに飾ってあるナゾのものまでオシャレでした。
ナゾの飾り

インスタグラマーが行けば、10枚や20枚では済まないくらい撮れ高のあるスポットであることは身をもって実感しましたね。

キントキ
ここで挙げているのも一部にすぎませんし、もっと多くのフォトスポットも用意されています。

もはや乗ってきたロープウェイですらオシャレに見える不思議。
ロープウェイ

びわ湖バレイ・びわ湖テラスは魅力だらけ!

今回は、びわ湖テラスを中心の魅力を中心にお届けしてきましたが、びわ湖バレイにはまだまだ魅力的なポイントがあります。

びわ湖テラスと逆側(さらに山のほう)へ行くと、アスレチックなど多数のアクティビティやリフトで山頂まで行くことも可能です。

お子さん連れであってもカップルでデートに行っても色々な楽しみ方ができるスポットになっていますし、とにかく魅力にあふれたスポットであることは間違いないなし!

気になっていた方は一度行ってみることをオススメします。楽しいですよ〜!