XF10-24mmF4でスマホでは撮れない世界を!寄れて画質も良好【作例アリ・レビュー】

スマホカメラの画質がドンドンよくなってきて、もう一眼とかのカメラっていらないよね!?という風潮も生まれつつあります。

キントキ
実際、コンパクトデジカメの市場はすでに(ほぼ)息してませんしね…

じゃあ一眼カメラの専売特許でもあるボケを押し出した写真撮ったる!と思っても、最近のスマホは2つのレンズで撮った像を合成してボケ感の美しい写真が撮れちゃったりもします…。

それでも一眼カメラがスマホに負けないこともいくつかあって、そのひとつが画角の自在性です。

当たり前のことですが、一眼カメラのようなレンズ交換式カメラは好きなようにレンズの交換ができます。

 

なので、めっちゃ遠くのものを大きく写したければ超望遠レンズ、ちっこいものをドーンと大きく写したければマクロレンズに交換すれば、思ったような画角で写真を撮ることができるわけですね。

そういった極端な画角のレンズで撮った写真はなにげない写真であっても「あ、なんかスマホと違う写真で雰囲気ある」くらいは思ってもらえます(希望的観測)。

ぼくもカメラをたしなむ人間のひとりとして、どんな人にみせてもひと目でスマホとは違う!とわかってもらえるような画角のレンズがほしくて、今回のレンズを購入しました。

それが富士フイルムの超広角ズームレンズ、XF10-24mmF4 R OISです。

まず、使ってみたファーストインプレッションとしては、思っていたより使い勝手のいいレンズだな〜という感じ。どことなく敷居の高さを感じていたのですが、全くそんなことはありませんでした!

そのあたりも追って詳しく書いていきますね。

キントキ
前置きがながくなってしまいましたが、実際の作例みてもらいながらレビューしていきますので、最後までおつきあいください!

超広角でしか写せない写真が撮れる+幅広い被写体にズームで対応もできる便利レンズ!

やはりなんといっても超広角レンズなので、ひろ〜いところが撮りたい!ということで、まずは撮ってみました。もちろん広角端10mmでの撮影です。
広い田んぼ稲刈り前の田んぼなんですけど、気持ちよくスーッと写ってますよね。足場が田んぼ道でアングルの自由があまりなかったのですが、それでも十分よく撮れています。

キントキ
目線を下げて穂の高さから撮ったり、ななめで撮れるアングルを探してもおもしろい写真が撮れそう!

田んぼの帰りにスナップでも少し撮ってみましたが、画角がひろいのでスナップでもおもしろい写真が撮れますね。撮っていても楽しいです!こちらも広角端10mmで撮影。
路地スナップ広角レンズ特有のパース感もでていて、道の奥行きがめっちゃながくみえますね。

キントキ
実際は10メートルもない短い道ですよ?

日常的に歩いている近所の道でもまた別のイメージになるからおもしろいですよね。超広角レンズさまさまです。この写真のように手前の被写体にグッと寄って撮ると、メリハリがきいた写真になっていい感じですね。

このレンズは広角端10mmスタートの超広角レンズですが、忘れてはいけないのがズームレンズだということ。ちなみに上の写真を撮影した同アングルから望遠端24mmで撮ってみた写真はこんな感じ。
路地のフェンスをズームここまでくると、いい意味で普通のレンズで撮ったみたいですよね。超広角のズームレンズは望遠端で写りがイマイチといわれることが多いですが、富士フイルムの超広角ズームレンズには全く心配の必要なしでした。

キントキ
望遠端でも画質よすぎっ!!!

場所を移して、もう少しだけ作例を撮っていきます。

ちょっとイジワルな検証として、おもいっきり太陽の逆光を撮ってみました。
御旅所の鳥居と太陽逆光光芒が鳥居にまたがっているあたりにゴーストが出現してますね。ただ、汚い写りでもないので作品表現としては、むしろアリかな〜と個人的に思います。

ちなみに同じような環境でF2.8通しの標準ズームレンズ、XF16-55mmF2.8で撮影したものがコチラ。
伏見稲荷大社の鳥居と逆光さすがにF2.8通しの高級レンズだけあって、逆光性能はズバ抜けてますね。

キントキ
どちらも使っていて思うのは、どちらもサイコーだということ!

あとは、王道的なパターンも一枚。
御旅所の社ほんと、ここまで写るんだ〜って撮りながら感心していました(笑)。

ひろく写りすぎて構図に困ることがあるのが広角レンズの悩みどころですが、そこはズームレンズなので問題なしですね。

キントキ
超広角レンズ初心者はズームレンズにしたほがゼッタイいいです!

寄れる!そして寄ってもひろく写る!小さな被写体を大きく写すこともできる使い勝手のよさ!

ひろく写せるのは超広角レンズなので当たり前。このレンズのいいところは寄れる部分にもあります。

めっちゃ寄れるので、寄る+ズームでクローズアップして撮影することが可能です。

まずは広角端での寄り。
パースもついてて印象的な写りになってますね。
広角端での寄り

こちらが望遠端での寄りです。
ボケすぎなくらいボケますね。広角レンズでもここまでボケると気持ちいいです。
望遠端の寄りこのように神社に撮影に行った場合も、鳥居や社などひろく写したいところひろく写して、石や木の質感をしっかり撮りたいときは寄って撮る、ということをレンズ一本で完結させられるわけです。

キントキ
動きのある撮影ではレンズ交換もけっこう大変なので、この使い勝手のよさは有難いですね!

 

ただ、ぼくが実際に使ってみて一番驚いたのが、寄って撮ってるのにひろくも写せるという点です。

どういうことなのか、実際の写真でみてもらいましょう。

我が家のきれいなジャイアンを撮った一枚。
きれいなジャイアン寄りきれいに撮れてますね。広角端でめいっぱい寄って撮った一枚です。

では、その撮影風景を横からみてもらいましょう。これ、マジですからね?
横からきれいなジャイアンこの距離から撮ったのに、上の写真のひろさが写ってるんですよ!?ちょっと戻ってもう一度みてみてください。

撮影風景の写真がなければ、だれもこの距離で撮っているなんてゼッタイわからないですよね。

これだけ近くてもひろく写せるということは、さがって撮れないお店の中や家の中でも全体を撮ることも可能ですし、ズームして大きく寄りの写真を撮ることもできるわけです。

キントキ
超広角レンズでしかできない芸当+表現の幅がものすごくひろい!

どう撮るか。自分のアイデア次第で柔軟に対応できるレンズです。撮っているときも楽しいですし、どんな写真を撮ろうか考えているときも楽しめる素晴らしいレンズですよ。

サイズもコンパクトで写り・使い勝手もサイコー!旅行にも最適のレンズ!

使い勝手がいいので、どんなシーンでも活躍できるレンズだと思いますが、とくに旅行に適したレンズだと思います。

  • レンズ交換しなくても撮影の幅がだせる
  • レンズ自体が大きすぎずコンパクト設計
  • 観光地や大きな建物をバッチリと写せる
  • 画角がひろいので人+建物の構図もラク
  • グッと寄れるので食べ物を撮るのに最適

ほかにもたくさんありますけど、ざっと挙げただけでもこれだけ旅行に適した要素があります。

キントキ
旅行先ではいろいろな被写体に対応しないといけないので、このレンズがあれば非常に助かりますね。

最後にレンズのサイズ感をみてもらいましょうか。実際にぼくのX-Pro2に装着した姿です。
レンズのサイズレンズのながさ的には小さめのマウスと同じくらいでした。小さいですよね!重量も軽いです。

あと、このレンズはズーミングによってレンズが伸び縮みしないインナーズームタイプなので、ながさはこのまま変わりません。

キントキ
総評としては、サイコーのレンズで手放せないレンズです。とりあえず広角レンズはこれ一本でいい!大満足!!

レンズのバリエーションとして、一本もっていればスパイスとして使える超広角域のレンズですが、このXF10-24mmF4は十分に常用レンズとして戦えるレンズです!

富士フイルム・Xマウントユーザーなら鉄板でもっておくべきレンズなので、ぼくが強めに背中を押させていただきます。ほんと、いいレンズですよ!